結婚指輪とピンキーリング | 手作り結婚指輪工房体験

menu

結婚指輪とピンキーリング

HOME » 結婚指輪工房体験 » 結婚指輪とピンキーリング

結婚指輪とピンキーリング

結婚すると結婚指輪を毎日使う方も多いでしょうが、結婚前からピンキーリングを毎日使っていた方もおられますよね。
ピンキーリングとは小指にはめる指輪となりますが、これと結婚指輪を同時にするのはNGではないのかというと、これは特に問題ありません。

もちろん仕事中などTPOに応じてアクセサリーの使用の判断をするといいですが、その点が特に問題ないなら一緒に使ってもOKです。
元からピンキーリングをよく使っていた方で結婚指輪を新しく作ったときは、好みや状況に応じて両方使ってみるのもいいでしょう。

なお、両方の指輪を一緒に使うのに憧れ、結婚指輪と一緒にピンキーリングを作るというのも問題はありません。
結婚指輪もピンキーリングも多くのショップで売られていますし、職人へのオーダーメイド、指輪作りができる工房での自作など、いろいろな方法で手に入ります。
二つの指輪に興味がある方は結婚指輪と一緒にピンキーリングを用意してもOKです。

一緒に使うときの注意点はある?

結婚指輪とピンキーリングを一緒に使うときの注意点ですが、指輪同士がこすれあわないか、少し注意するといいでしょう。
ピンキーリングを左手につける場合、すぐ隣の指に結婚指輪が来る形となりますから、指輪同士がこすれることも珍しくありません。

結婚指輪にはかなり高級なモデルもありますが、その指輪とピンキーリングがこすれあって傷がついたり、宝石が外れたりすると少しもったいないですよね。
一緒に使うときはこのようなことがないか、十分に注意してください。
特に注意したいのは柔らかい素材で結婚指輪を作った場合です。

純正のプラチナやゴールドの結婚指輪にすると、貴重な金属だけで作った高級な指輪となる代わりに強度が弱まるのが基本です。
これでアクセサリーを作ると傷や変形は起こりやすいですから、もしそのような結婚指輪にしている場合、ピンキーリングと強くこすれないか、十分に注意するといいです。
傷などが心配ならピンキーリングを右手の小指につけるといいでしょう。